トップページ

ネットショップ

新着情報

入荷予定 情報鉄道模型の 散歩道

プラモデルの 散歩道
らいと模型 の情報



取り扱い メーカー
らいともけい 鉄道模型の散歩道
6番線 簡単なグレードアップ
鉄道模型をより楽しむために、お役に立てれば幸いです。
室内灯(カトー)を取り付けるVol、2 (平成26年4月27日更新)

今日は、お客様から依頼の有った、
カトー 287系こうのとり 基本セットに室内灯11-211LED室内灯クリアを取り付けました。 

室内灯取り付けサービス実施中  (取り付け料 1両¥500+税)
 当店でお買い上げいただいた商品に限らせて頂きます。
 (お預かりをしての作業となります)
 
作業の前に、商品のチェック(動作・点灯・外観)をして、問題がない事を確認して作業開始。

作業自体な前回とほぼ同じなので、簡単に説明を進めます。

まずは、中間車から(簡単にボディが外れます。)
床上パーツが、あらかじめ、室内灯を取り付ける事を前提に、設計されている。

前回と同じように、集電シューの上部のはみ出しが、気になる。

集電シューを、左側の様にハサミでカット


点灯チェック

照明板を取り付け、屋根に取り付けるタイプより非常に簡単
 
  LED基板と照明板との高さや、隙間をチェック
基板や照明板が、ちゃんと嵌っていないと、
高さや、隙間にずれが生じ光の漏れに繋がり、
一部だけが明るくなったりする原因になる。

動力車も全く同じ要領で取り付け可能
  先頭車(1号車)もボディが、簡単に外すことができ、作業要領も全く同じ

照明板を一区画カット、
  床上に照明板を取り付けますが、
照明板とLED基板の間隔が、先ほどの中間車と比べ、明らかに大きい事が気になる。
   照明板の嵌る溝の部分をヤスリで削り、
 基板に近づく様に加工
  先ほどより、間隔が少なくなり、状態が良くなる。 
  4号車の先頭車は、床上の形状が違うので、全く問題なし
  完成、走行、点灯試験(全く問題なし)

 走らせながら、写真を撮りました。
 
  写真を撮る技術が、問題!(';')